軽蔑とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

軽蔑

「彼らを軽蔑する」などのように使う「軽蔑」という言葉。

「軽蔑」は、音読みで「けいべつ」と読みます。

「軽蔑」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「軽蔑」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

軽蔑の意味

「軽蔑」には次の意味があります。

・相手の人格・能力などを劣ったものと考えて、まともに相手にしないこと。(出典:大辞林 第三版)

相手を格下だと捉え、見下していたりバカにしている様子を表します。
軽蔑をするという事は、相手を見下すと同時に相手に対して優越感を感じている事になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・彼等もまた青雲の志を持っているのであるから、私の小説を軽蔑している。
(出典:太宰治『困惑の弁』)

・「お帰りなさい」とも、何とも言わないで、軽蔑の様子が見えるようだ。
(出典:岩野泡鳴『耽溺』)

・そして彼らのなすままに任して、彼らを軽蔑する楽しみを味わっていた。
(出典:ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』)

・それは軽蔑からであったろうか、あるいは尊敬からであったろうか?
(出典:ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』)

・彼はその記者にたいする軽蔑の念を言ってやらずにはおかなかった。
(出典:ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』)

類語

・見下す(みくだす)
意味:相手をばかにして見る。あなどりみる。見さげる。(出典:デジタル大辞泉)

・侮る(あなどる)
意味:相手を見下げて軽んずる。見くびる。軽蔑する。(出典:大辞林 第三版)

・軽蔑(けいべつ)
意味:いやしいもの、劣ったものなどとみなして、ばかにすること。さげすむこと。(出典:デジタル大辞泉)

・賤しめる(いやしめる)
意味:いやしいものとしてさげすむ。見下す。(出典:大辞林 第三版)

・見縊る(みくびる)
意味:たいしたことはないとあまく見る。あなどる。見くだす。(出典:大辞林 第三版)

タイトルとURLをコピーしました