転生とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

転生

「転生したら○○だった」などのように使う「転生」という言葉。

「転生」は、音読みで「てんせい」と読みます。

「転生」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「転生」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

転生の意味

「転生」には次の意味があります。

生まれかわること。転じて、環境や生活を一変させること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「生まれ変わること」という意味で使われることが多いですが、環境や生活を一変させるという意味でも使われることがあります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・生活への意志は最後には文化生活への意志にまで転生しなければならぬ。
(出典:三木清『語られざる哲学』)

・ロアは転生という方法で自分が自分のままで存在し続けられると信じた。
(出典:奈須きのこ『月姫 白日の碧(シエル・トゥルーエンド)』)

・私もこの絵を見て、自分が曾祖父の転生者であることを知ったんだよ。
(出典:今邑彩『暗黒祭(「蛇神」シリーズ最終巻)』)

転生は一度成功すると、次は最初よりも少し楽になるらしいからね。
(出典:今邑彩『暗黒祭(「蛇神」シリーズ最終巻)』)

・いくら転生したっていっても、その赤ん坊はちゃんとした人間じゃないか。
(出典:奈須きのこ『月姫 太陽(シエル・グッドエンド)』)

類語

生れ変り(うまれかわり)
意味:別のものに姿を変えて再び生まれてくること。(出典:デジタル大辞泉)

再現(さいげん)
意味:いったん生じて消えてしまった事態・光景がもう一度現われること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

多生(たせい)
意味:何度も生をかえてこの世に生まれかわること。(出典:デジタル大辞泉)

再来(さいらい)
意味:死者や神仏が別の姿になって再びこの世に生まれ出ること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

再生(さいせい)
意味:心を入れかえて新しい生活をすること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました