贅沢とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

贅沢

「贅沢な生活を送る」などのように使う「贅沢」という言葉。

「贅沢」は、音読みで「ぜいたく」と読みます。

「贅沢」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「贅沢」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

贅沢の意味

「贅沢」には次の意味があります。

必要な程度をこえて、物事に金銭や物などを使うこと。金銭や物などを惜しまないこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

「贅」には「むだ」という意味があります。
「贅沢」は「必要以上に無駄なお金や物などを使うこと」という意味です。
また、単に「豪華な」というような意味で使うこともあります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ガリオンがこれまで見たこともないようなすばらしく贅沢な部屋だった。
(出典:エディングス『ベルガリアード物語1 予言の守護者』)

・われわれ自身の生活の中にその贅沢がまったくないと確信できるか?
(出典:ソロー/神原栄一訳『森の生活』)

・余り贅沢をさせてはいけないということに、二人の意見は一致した。
(出典:豊島与志雄『子を奪う』)

・本格的な料理を取ることは、非常に贅沢だということになっていた。
(出典:ロレンス/吉田健一訳『息子と恋人 上巻』)

・そして他人から感謝をうけて好い気持ちになるなどと贅沢すぎる話です。
(出典:岡本かの子『仏教人生読本』)

スポンサーリンク

類語

華奢(かしゃ)
意味:華やかにおごること。はででぜいたくなこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

豪勢(ごうせい)
意味:並み外れてぜいたくなこと。景気がよく、派手なこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

豪華(ごうか)
意味:ぜいたくで、はでなこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

派手(はで)
意味:姿・形・色彩などが華やかで人目をひくこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

奢侈(しゃし)
意味:度を過ぎてぜいたくなこと。身分不相応に金を費やすこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました