購買とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

購買

「購買客」などのように使う「購買」という言葉。

「購買」は、音読みで「こうばい」と読みます。

「購買」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「購買」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

購買の意味

「購買」には次の意味があります。

買うこと。買い入れること。(出典:デジタル大辞泉)

上記の意味の如く、なにか物などを購入するときに使われる言葉です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・目薬が切れていたので、作業の途中だったが購買部へ買いに行くことにした。
(出典:宇神幸男『消えたオーケストラ』)

・富はかくて、それが購買し得る労働量によっては測定され得ないのである。
(出典:リカード・デイヴィッド『経済学及び課税の諸原理』)

・RCAの購買担当者に製品がスムーズに流れない工場を見せるわけにはいかない。
(出典:佐藤正明『陽はまた昇る 映像メディアの世紀』)

・そんな光景を眺めながら、自分の机に購買で買ってきた三角パンと牛乳を置く。
(出典:奈須きのこ『月姫 遠い葦切(秋葉・ノーマルエンド)』)

・労働は最初の貨幣であり、すべての物の購買に支払われる貨幣である。
(出典:ワルラス・マリー・エスプリ・レオン『純粋経済学要論』)

類語

買う(かう)
意味:代金を払って自分の所有とする。(出典:デジタル大辞泉)

購入(こうにゅう)
意味:買うこと。買い入れること。(出典:デジタル大辞泉)

買い取る(かいとる)
意味:代金を払って自分のものにする。買い受けて自分の所有とする。(出典:デジタル大辞泉)

買い入れる(かいいれる)
意味:代金を支払って品物を自分のものとする。(出典:デジタル大辞泉)

買い上げる(かいあげる)
意味:すっかり買う。買い尽くす。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました