賞味期限とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

賞味期限

「賞味期限が近い」などのように使う「賞味期限」という言葉。

「賞味期限」は、音読みで「しょうみきげん」と読みます。

「賞味期限」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「賞味期限」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

賞味期限の意味

「賞味期限」には次の意味があります。

一定の条件下で保存された食品が、包装された時の品質を保つ期間。(出典: 日本国語大辞典)

賞味期限をわかりやすく言うと「食品を美味しく食べられる期間」という意味になります。
賞味期限を過ぎても食べられますが、品質が保たれないので、味が落ちてしまいます。
似た言葉の「消費期限」を過ぎた食品は食べられません。

また「賞味期限」は、食品以外のものごとについても比喩的に使います。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・買ってあったうどんの賞味期限を確かめると、もう四日も前に切れていた。
(出典:山本文緒『眠れるラプンツェル』)

賞味期限さえ確認しておけば無駄にはならないのだから。
(出典:海月ルイ『子盗(と)り』)

・「賞味期限は大丈夫だろうな」ジントは疑いの目で戦闘配食ワニールを見つめた。
(出典:森岡浩之『星界シリーズ 2 ささやかな戦い』)

・まだ賞味期限は残っている、現役の女なのだ、という自己確認をしたいのだ。
(出典:中村うさぎ『さすらいの女王』)

・お二人、そろそろ出てきてネタバラシしないと賞味期限切れますよ!
(出典:川原礫『ソードアート・オンライン 第5巻』)

スポンサーリンク

類語

食頃(たべごろ)
意味:ある物を食べるのに、いちばん適した頃合。(出典:日本国語大辞典)

食品期限表示(しょくひんきげんひょうじ)
意味:食品の品質を保証する期限を示す表示(食品衛生法により規制)。(出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」)

保証(ほしょう)
意味:間違いがない、大丈夫であると認め、責任をもつこと。(出典:デジタル大辞泉)

期限表示(きげんひょうじ)
意味:食品の消費期限に関する表示。(出典:百科事典マイペディア)

賞味期間(しょうみきかん)
意味:一定の条件下で保存された食品が、包装された時の品質を保つ期間。(出典: 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました