貼付とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

貼付

「ポスターを貼付する」などのように使う「貼付」という言葉。

「貼付」は、音読みで「てんぷ」と読みます。

「貼付」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「貼付」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

貼付の意味

「貼付」には次の意味があります。

・はりつけること。(出典:デジタル大辞泉)

「貼付」はもともと「ちょうふ」という読み方をされていましたが、「てんぷ」と読む人が多かったためそれが定着して辞書にもそのように書かれるようになりました。
漢字の意味合いから、「貼付」は用紙などに何かを「貼り付ける」ときに使い、「添付」は補足となる何かを「添える、付加する」ときに使います。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・表に墨で昭和十年から昭和二十年まで、卒業写真貼付と書かれている。
(出典:平岩弓枝『黒い扇』)

・カルテには姓名、住所、手術内容、手術前の患者の写真が貼付してある。
(出典:平岩弓枝『女の四季』)

・角の丸い四角型で、艸緑色に塗って、お尻の処にお化粧の広告を貼付けている。
(出典:夢野久作『街頭から見た新東京の裏面)

・その写真は恐喝状に貼付してあったのとおなじ写真であり、恐喝者はこの新聞から切り抜いたのであろう。
(出典:横溝正史『金田一耕助ファイル20 病院坂の首縊りの家 下』)

・それは、福岡県庁に二人が出したパスポートの申請書類に貼付された写真を見ればわかる。
(出典:西村京太郎『夜間飛行(ムーンライト)殺人事件』)

類語

・糊付け(のりづけ)
意味:糊ではりつけること。また、そのもの。(出典:デジタル大辞泉)

・ペースト(ぺーすと)
意味:コンピューターで、文章・図形などのデータを一時的にメモリー上に置き、他の位置にそれを転写すること。貼り付け。(出典:デジタル大辞泉)

・付着(ふちゃく)
意味:物が他の物にくっつくこと。(出典:デジタル大辞泉)

・添付(てんぷ)
意味:書類などに、付け添えること。(出典:デジタル大辞泉)

・付ける(つける)
意味:あるものが他のものから離れない状態にする。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました