豪華とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

豪華

「豪華絢爛」などのように使う「豪華」という言葉。

「豪華」は、音読みで「ごうか」と読みます。

「豪華」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「豪華」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

豪華の意味

「豪華」には次の意味があります。

ぜいたくで、はでなこと。また、そのさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「豪華」をわかりやすく言うと「物や状態が、華やかで、贅沢なこと。また、その様子」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・次に来るときは、ちょっと豪華なケーキにしたほうが良いかもしれない。
(出典:佐竹彬『カクレヒメ 第2巻』)

・ちょうどわれわれの真下にもそういう豪華な大型車が一台とまっていた。
(出典:ドイル/永井淳訳『毒ガス帯』)

・どうせ統合計画局とやらから予算が出てるのだろうが、豪華なものだ。
(出典:三雲岳斗『レベリオン 第1巻』)

・生きているときに身につけていた豪華な馬具と衣装がなおも残っていた。
(出典:クラーク・アシュトン・スミス/大瀧啓裕訳『ゾティーク幻妖怪異譚』)

・男性の後ろに続いて、まるでホテルのように豪華な通路を歩いていく。
(出典:伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第3巻』)

スポンサーリンク

類語

・リッチ
意味:裕福であるさま。金銭的・物質的に豊かなさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・豪勢(ごうせい)
意味:並み外れてぜいたくなこと。(出典:デジタル大辞泉)

・贅沢(ぜいたく)
意味:必要な程度をこえて、物事に金銭や物などを使うこと。(出典:デジタル大辞泉)

・豪奢(ごうしゃ)
意味:非常にぜいたくで、はでなこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

・豪壮(ごうそう)
意味:物事の規模が大きくりっぱなさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました