豊穣とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

豊穣

「豊穣の秋」などのように使う「豊穣」という言葉。

「豊穣」は、音読みで「ほうじょう」と読みます。

「豊穣」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「豊穣」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

豊穣の意味

「豊穣」には次の意味があります。

穀物がみのりゆたかなこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

豊穣を分かりやすく言うと「豊作に恵まれる様子」を意味します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・むしろ農業が一番人間らしい豊穣な産業であることを認識させられる。
(出典:阿刀田高『幻の舟』)

・夜になると今度は、先祖に豊穣のさまを見てもらう儀式が始まる。
(出典:桜庭一樹『GOSICK 第2巻』)

・大地に縁を持つ豊穣の神が、冬と夜の到来に合わせて冥府の神に転身する。
(出典:丈月城『カンピオーネ! 2 魔王来臨』)

・霜月、初冬の今、夏は豊穣な大地も枯れ草に覆われた原野へ姿を変えた。
(出典:安生正『生存者ゼロ』)

・寺院彫刻家は彼女を、豊穣の女神の大きな大理石像のモデルに使った。
(出典:フィリップ・J・ファーマー『緑の星のオデッセイ』)

類語

豊作(ほうさく)
意味:農作物の収穫が多いこと。作物のできのよいこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

豊潤(ほうじゅん)
意味:ゆたかで、うるおいのあること。ゆたかでみずみずしいこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

潤沢(じゅんたく)
意味:ものが豊富にあること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

豊凶(ほうきょう)
意味:豊作と凶作。(出典:デジタル大辞泉)

作柄(さくがら)
意味:農作物の育ちぐあいやできぐあい。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました