警報とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

警報

「大雨警報が発表される」などのように使う「警報」という言葉。

「警報」は、音読みで「けいほう」と読みます。

「警報」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「警報」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

警報の意味

「警報」には次の意味があります。

災害・危険が迫ったことを伝えて、注意・準備を人々に促すこと。また、その知らせ。(出典:デジタル大辞泉)

つまり「警報」とは、「身の回りで起こりそうな危険や災害について注意するよう知らせること」という意味です。

具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・長年の仕事で身につけた、言葉では説明できない特別の警報装置だった。
(出典:桜坂洋『よくわかる現代魔法 第1巻』)

・外部からの侵入者がいた場合には、すぐに警報が鳴ることになっている。
(出典:乃南アサ『暗鬼』)

・高気圧が南下してきているが、湾周辺を対象とする嵐の警報は出ていない。
(出典:アン・マキャフリイ『クリスタル・シンガー(全2巻) 1 クリスタル・シンガー』)

・それは生物の叫びといっていいか、機械的な警報といっていいか。
(出典:半村良『黄金伝説』)

・そんな話をしている最中、二時間目に警報が出、急いで電車で家に戻る。
(出典:伊藤整『太平洋戦争日記(三)』)

スポンサーリンク

類語

・警告(けいこく)
意味:よくない事態が生じそうなので気をつけるよう、告げ知らせること。(出典:デジタル大辞泉)

・アラーム
意味: 警報。警報器。(出典:デジタル大辞泉)

・注意報(ちゅういほう)
意味:風雨・乾燥・なだれ・津波・高潮(たかしお)などにより被害が出るおそれがあることを注意する予報。(出典:デジタル大辞泉)

・警鐘(けいしょう)
意味:危険を予告し、警戒を促すもの。警告。(出典:デジタル大辞泉)

・警戒(けいかい)
意味:危険や災害に備えて、あらかじめ注意し、用心すること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました