調和とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

調和

「調和を保つ」などのように使う「調和」という言葉。

「調和」は、音読みで「ちょうわ」と読みます。

「調和」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「調和」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

調和の意味

「調和」には次の意味があります。

全体がほどよくつりあって、矛盾や衝突などがなく、まとまっていること。また、そのつりあい。(出典:デジタル大辞泉)

「自然と建築物の調和」であれば、自然と建築物がバランスよくまとまっているという意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・母と祖母のうまく調和しないのも、そう云う点で大きな力があると思う。 
(出典:宮本百合子『日記』)

・その白い着物がいかにもよくその顔に値いして、いい調和をなしていた。
(出典:マクドナルド・ジョージ『世界怪談名作集』)

・だから、二人が調和的な関係を持って統一的な集合を形成する保証はない。 
(出典:大澤真幸『戦後の思想空間』)

・海と川の美しい調和をみせていた自然が、機械の力で変形させられていく。 
(出典:板東眞砂子『蟲』)

・ただ、ある響きが完全に調和しない、というのは良さでもあるんです。
(出典:中村航『ぐるぐるまわるすべり台』)

類語

嵌る(はまる)
意味:うまくあてはまる。(出典:デジタル大辞泉)

一致(いっち)
意味:二つ以上のものがぴったり一つになること。(出典:デジタル大辞泉)

諧調(かいちょう)
意味:調和のよくとれた音・調子。(出典:デジタル大辞泉)

ハーモニー
意味:調和。諧調。(出典:デジタル大辞泉)

和合(わごう)
意味:二つ以上のものが結合し、とけあうこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました