誤謬とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

誤謬

「誤謬を犯す」などのように使う「誤謬」という言葉。

「誤謬」は、音読みで「ごびゅう」と読みます。

「誤謬」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「誤謬」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

誤謬の意味

「誤謬」には次の意味があります。

まちがえること。まちがい。(出典:デジタル大辞泉)

「誤」も「謬」も、どちらも「あやまり」という意味を持つ漢字であり、「誤謬」は同じ意味の漢字を重ねた二字熟語です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・それができないのは製作者の出発点に根本的な誤謬があるためであろう。
(出典:寺田寅彦『映画芸術』)

・そういう男が恐れているのは、誤謬に陥りやすいと証明されることです。 
(出典:キャロル/柳瀬尚紀訳『シルヴィーとブルーノ』)

・しかし心づかなかったら、これは大きな誤謬だといわなければならない。
(出典:有島武郎『宣言一つ』)

・そもそもマルサス人口理論における根本的致命的誤謬は二つの点にある。
(出典:吉田秀夫『人口論』)

・しかるに一方私はいかに私の精神が誤謬に陥り易いものであるかに驚く。
(出典:三木清『省察』)

スポンサーリンク

類語

過誤(かご)
意味:あやまち。やり損じ。(出典:大辞林 第三版)

過失(かしつ)
意味:不注意などによって生じたしくじり。過ち。(出典:デジタル大辞泉)

錯誤(さくご)
意味:まちがうこと。まちがい。誤り。(出典:デジタル大辞泉)

瑕疵(かし)
意味:きず。欠点。また、過失。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました