試作とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

試作

「試作品」などのように使う「試作」という言葉。

「試作」は、音読みで「しさく」と読みます。

「試作」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「試作」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

試作の意味

「試作」には次の意味があります。

本式に作る前に、ためしに作ってみること。また、そのもの。(出典:デジタル大辞泉)

製造業では、製品を量産する前に試しに作ることで、製品自体もしくは製品を作る工程における問題点を確認したり、販売計画を立てるためのマーケティングを行う際ために作るものを言います。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・第三に、当時の習慣として行われていた「競争試作」という制度である。
(出典:掘越二郎『零戦 その誕生と栄光の記録』)

・朋さんも試作を一つ二つ作っただけで僕の意見に納得したようです。
(出典:泡坂妻夫『乱れからくり』)

・ほんの試作かも知れないし、何かを軌道に乗せたのかも知れないよ。
(出典:D・マクダニエル/小倉多加志訳『0011/ナポレオン・ソロ・シリーズ 第9巻 恐怖の巨人衛星』)

・これを試作する土地をまず手にいれなければならないと思った。
(出典:パール・バック/大久保康雄訳『大地(3部)』)

・変形の自転車の試作もするし、文章が主体の本も何冊か出している。
(出典:星新一『きまぐれフレンドシップ PART1』)

類語

新作(しんさく)
意味:新しく作品などを作ること。また、その作品。(出典:デジタル大辞泉)

新造(しんぞう)
意味:新しくつくること。また、そのもの。(出典:デジタル大辞泉)

新調(しんちょう)
意味:新しく作りととのえること。また、そのもの。(出典:デジタル大辞泉)

モックアップ
意味:試作や店頭展示などのためにつくられる実物大模型。モック。(出典:デジタル大辞泉)

プロトタイプ
意味:製品などの試作モデルのこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました