規格とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

規格

「規格通りに製品を作る」などのように使う「規格」という言葉。

「規格」は、音読みで「きかく」と読みます。

「規格」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「規格」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

規格の意味

「規格」には次の意味があります。

製品の品質や安全性の確保を図るため、形や性能、試験方法などを定めた取り決め。(出典:朝日新聞掲載「キーワード」)

国際基準や国内基準があり、製品によってさまざまな規格が存在します。
JISなどが統一規格として知られています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・さらに世界規格にするには欧州メーカーの意見も聞かなければならない。
(出典:佐藤正明『陽はまた昇る 映像メディアの世紀』)

・私たちの日常は、生活も精神もすべて規格品によって占められている。
(出典:星新一『きまぐれ星のメモ』)

・その封筒の上書きも定規で引いたような規格正しい文字で書かれている。
(出典:横溝正史『金田一耕助全集 [金田一耕助ファイル18] 横溝正史 「白と黒」』)

・ほかにどう考えても、この規格の出てきた理由は考えられなかった。
(出典:掘越二郎『零戦 その誕生と栄光の記録』)

規格品の靴を履いた場合、誰もが足に無理な負担をかけているんだそうです。
(出典:佐竹一彦『新任警部補』)

類語

規定きてい
意味:物事を一定の形に定めること。また、その定めた内容。きまり。(出典:デジタル大辞泉)

規則きそく
意味:物事のきまり。従うべきのり。(出典:精選版 日本国語大辞典)

仕様しよう
意味:メーカーが製品を開発する際に取り決めた、詳しい設計のこと。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

基準きじゅん
意味:物事の基礎となるよりどころ。また、満たさねばならない一定の要件。(出典:デジタル大辞泉)

目安めやす
意味:目当て。目標。おおよその基準。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました