要件とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

要件

「要件を定義する」などのように使う「要件」という言葉。

「要件」は、音読みで「ようけん」と読みます。

「要件」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「要件」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

要件の意味

「要件」には次の意味があります。

肝要な事柄。必要な条件。(出典:精選版 日本国語大辞典)

重要、必要な条件を意味します。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・劇を文化の重要件として演劇改良が初めて提言されたのもまた当時であった。
(出典:内田魯庵『四十年前』)

・危急の要件に没頭しながら、かつての学生は自然と街に溶けこんでいた。
(出典:佐藤賢一『王妃の離婚』)

・まず主体を確立するということが、長期建設の要件でなければならぬ。
(出典:三木清『自己を中心に』)

・寺院組織を潰さないようにするのはわれわれの目前の要件であると思う。
(出典:高楠順次郎『東洋文化史における仏教の地位』)

・つい三日前までは要件などなくとも毎日のように電話をしあったのに。
(出典:森瑤子『別れの予感』)

類語

条件(じょうけん)
意味:ある物事が成立・実現するために必要な、または充分な事柄。(出典:デジタル大辞泉)

前提(ぜんてい)
意味:ある物事が成り立つための、前置きとなる条件。(出典:デジタル大辞泉)

悪条件(あくじょうけん)
意味:物事の成功や成立を阻むような条件。(出典:デジタル大辞泉)

与件(よけん)
意味:推理または研究の出発点として与えられ、あるいは仮定される事物。与えられたもの。所与。(出典:精選版 日本国語大辞典)

要素(ようそ)
意味:あるものごとを成り立たせている基本的な内容や条件。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました