補填とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

補填

「費用の一部を補填する。」などのように使う「補填」という言葉。

「補填」は、音読みで「ほてん」と読みます。

「補填」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「補填」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

補填の意味

「補填」には次の意味があります。

不足をおぎないうめること。欠損をみたすこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

例えば、「費用一部補填」とは、「費用の一部の不足をおぎないうめる」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・銀行の金庫を補填するために、二人の娘をここへ競売に来たのである。
(出典:久生十蘭『キャラコさん』)

・アンブローシアがカートリッジに補填できるのは光系・風系・火系の魔法のみ。
(出典:高殿円『銃姫 01 Gun Princess The Majesty』)

・二千万円の中から足りなくなった三百万円も、やはり同じような性質の金がどこからか補填されたことであろう。
(出典:松本清張『日本の黒い霧(上)』)

・死んでしまってから補填したモノも数に入っているから、実質千葉を軽く超えるだろう。 
(出典:奈須きのこ『歌月十夜 10 遠野家のコン・ゲーム』)

・手放した土地で新社屋が建てられ、ついでに赤字補填もできるのだそうだ。
(出典:奥田英朗『邪魔』)

類語

補充(ほじゅう)
意味:不足しているものを補うこと。(出典:デジタル大辞泉)

填補(てんぽ)
意味:不足をうめ補うこと。欠損をうめたすこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました