虚しいとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

虚しい

「虚しい気持ちになった」などのように使う「虚しい」という言葉。

「虚しい」は、訓読みで「むなしい」と読みます。

「虚しい」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「虚しい」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

虚しいの意味

「虚しい」には次の意味があります。

空虚である。内容がない。むだである。(出典:デジタル大辞典)

「虚しい」をわかりやすく言うと「中身がなく空っぽ」で「期待通りの効能が得られず無駄に感じる」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・そんな明るいメロディーとは逆に虚しくなるほど中は静かでしんとしていた。
(出典:山田悠介『リアル鬼ごっこ』)

・僕は虚しさの中で彼女の面影を抱きしめ、そして消し去ろうとしていた。
(出典:尾崎豊『黄昏ゆく街で』)

・そんなことが虚しい空から約束であることを二人ともよく知っていたからだ。
(出典:ヴォンダ・マッキンタイア/斉藤伯好訳『宇宙大作戦 スター・トレック2/カーンの逆襲』)

・幸せだよ、って心でつぶやいた時、虚しくなるのはなぜなのだろう。
(出典:今野緒雪『マリア様がみてる 10 レイニーブルー』)

・自分は今日の今日まで、ひどく虚しい奇跡を信じ続けてきただけではないのか?
(出典:虚淵玄『鬼哭街』)

類語

呆気ない(あっけない)
意味:思ったより内容が貧弱または単純で、おもしろみがない。期待外れでもの足りない。(出典:デジタル大辞泉)

・短命(たんめい)
意味:寿命の短いこと。若くして死ぬこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

消え去る(きえさる)
意味:消えてなくなる。見えなくなる。(出典:デジタル大辞泉)

あやふや
意味:たよりないさま。うすぼんやり。(出典:精選版 日本国語大辞典)

夢幻(むげん)
意味:ゆめとまぼろし。また、はかないことのたとえ。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました