蒐集とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

蒐集

「蒐集癖がある」などのように使う「蒐集」という言葉。

「蒐集」は、音読みで「しゅうしゅう」と読みます。

「蒐集」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「蒐集」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

蒐集の意味

「蒐集」には次の意味があります。

いろいろとりあつめること。よせあつめること。また、そのもの。(出典:精選版 日本国語大辞典)

収集と同義です。本来は「蒐集」という漢字でしたが戦後簡略化されるにあたり常用漢字ではなくなったため収に置き換えられたといいます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・変体刀蒐集後はその土地に長居をしないことが習慣のようになってきた。
(出典:西尾維新『刀語(全12巻) 刀語 5 第五話 賊刀・鎧』)

・はじめての驚天的犯罪の目的は子宮の蒐集にあるという説が有力だった。
(出典:牧逸馬『女肉を料理する男』)

・自分が一番可愛いのだから、自己蒐集こそ最も意味があるのではないか。
(出典:江戸川乱歩/紀田順一郎編『江戸川乱歩随筆選』)

・肉筆の真価が認められていなかった昔だからこそ蒐集できた作品である。
(出典:高橋克彦『春信殺人事件』)

・これらは捜査過程において残りなく発見蒐集されなければならない。
(出典:森村誠一『日本アルプス殺人事件』)

類語

コレクター
意味:美術品・切手・書籍などの収集家。(出典:デジタル大辞泉)

集輯(しゅうしゅう)
意味:いろいろ集めて編集すること。(出典:デジタル大辞泉)

集める(あつめる)
意味:多くの人や物を一つところにまとめる。(出典:デジタル大辞泉)

寄集(よせあつめ)
意味:寄せ集めること。また、寄せ集めたもの。(出典:精選版 日本国語大辞典)

集成(しゅうせい)
意味:多くのものを集めて、一つにまとめること。また、そのまとめたもの。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました