萌え断とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

萌え断

「今人気の映える萌え断写真。」などのように使う「萌え断」という言葉。

「萌え断」は、「もえだん」と読みます。

「萌え断」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「萌え断」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

萌え断の意味

「萌え断」には次の意味があります。

・サンドイッチや巻き寿司、ケーキなどの食べ物を切った際の、カラフルで美しい断面を楽しむこと。(出典:知恵蔵mini)

SNSで写真掲載が主流になり始めた頃から、上記で述べた食べ物の美しい断面を綺麗に写真に撮って、「#萌え断」とハッシュタグを付けて写真を投稿することが流行しています。
この流行で有名になった店も多いようです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・サンドイッチのカラフルな萌え断が、流行している。

萌え断の流行を狙って、用品開発に精を出している企業も多い。

・おにぎりの個性的な萌え断が、食べ惜しませる。

・フルーツの萌え断を様々な色に分けて集めて撮影することで、とても色合いがよく食欲をそそる色を出させる。

類語

・萌え(もえ)
意味:もともとマンガ・アニメ・ゲームなどの少女キャラなどに疑似的な恋愛感情を示す言葉だったが、一般化するにつれ、単に何かが好きな様子を指す言葉になった。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

・断面(だんめん)
意味:物を任意の線で切断した切り口。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました