スポンサーリンク

自己犠牲とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

自己犠牲

「自己犠牲の精神」などのように使う「自己犠牲」という言葉。

「自己犠牲」は、音読みで「じこぎせい」と読みます。

「自己犠牲」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「自己犠牲」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

自己犠牲の意味

「自己犠牲」には次の意味があります。

ある目的のために自分の欲望や幸福を捨てて尽くすこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「自己犠牲」をわかりやすく言うと「自分の利益よりも他人の利益を優先して行動すること」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・つまりきみたちの自己犠牲のうえに、彼らの安全が確保されているわけだよね。
(出典:永瀬隼介『サイレント・ボーダー』)

・ツェルニには確かに後はない。彼らの自己犠牲がこの都市を救すくう可能性かのうせいだったとしたら、どうする?
(出典:雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス4 コンフィデンシャル・コール』)

・真実の価値あるものを生むためには、必ず自己犠牲が必要なのだ。
(出典:坂口安吾『いずこへ』)

・あの度胸、そして自己犠牲の心は、一体どこから出てくるのだろう。
(出典:河出智紀『まずは一報ポプラパレスより 1』)

・愛にせよ、自己犠牲にせよ、女がそれほどの思いを男に捧げるとは一体どういうことなのか?
(出典:森村誠一『高層の死角』)

類語

犠牲的(ぎせいてき)
意味:自分の利益・生命などを投げ出して、他人のために尽くすさま。(出典:デジタル大辞泉)

献身的(けんしんてき)
意味:自分のことを顧みず、心身ともにささげるほど他のために尽くすさま。(出典:デジタル大辞泉)

利他的(りたてき)
意味:利己的の対義語。自分以外の者や、相手にとって、利益となる事柄を重んじる態度。(出典:実用日本語表現辞典)

顧みない(かえりみない)
意味:ある対象について考えることをしない。顧慮しない。(出典:実用日本語表現辞典)

タイトルとURLをコピーしました