自己啓発とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

自己啓発

「自己啓発セミナー」などのように使う「自己啓発」という言葉。

「自己啓発」は、音読みで「じこけいはつ」と読みます。

「自己啓発」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「自己啓発」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

自己啓発の意味

「自己啓発」には次の意味があります。

本人の意思で、自分自身の能力向上や精神的な成長を目指すこと。また、そのための訓練。(出典:デジタル大辞泉)

自己を人間としてより高い段階へ上昇させるために、自発的に行う学習や訓練という意味でよく用いられます。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・彼は無数の経営者養成セミナーや自己啓発セミナーへの参加歴を持っていた。
(出典:宮部みゆき『模倣犯 上』)

・今日は部屋で自己啓発のための本でも読もうかな。
(出典:時雨沢恵一『キノの旅 第04巻』)

・感受性訓練は、もともと心理学者が自己啓発のため編み出したもので、次に牧師や伝道者が大衆の心に訴えるための訓練としてとり上げた。
(出典:城山三郎『勇者は語らず』)

自己啓発にひたむきだった。
(出典:モーム/北川悌二訳『人間の絆(上)』)

・彼を内気にし、口を重くし、自己啓発を切望させて、ウォータールー街でシェイクスピアの講話をしていたイザベル・ポール嬢を恋慕させた。
(出典:ウルフ/大澤実訳『ダロウェイ夫人』)

スポンサーリンク

類語

研鑽(けんさん)
意味:学問などを深く究めること。(出典:デジタル大辞泉)

励む(はげむ)
意味:熱心に事を行う。精を出す。努める。(出典:大辞林 第三版)

能力開発(のうりょくかいはつ)
意味:各自のもっている能力を発見し,その能力をより一層高めること。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

精神鍛錬(せいしんたんれん)
意味:精神を鍛錬して、高い人格や強い意志が備わるように努力すること。(出典:デジタル大辞泉)

勉励(べんれい)
意味:つとめはげむこと。一所懸命に努力すること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました