肝を冷やすとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

肝を冷やす

「道路に子供がとびだして肝を冷やす」などのように使う「肝を冷やす」という言葉。

「肝を冷やす」は、「きもをひやす」と読みます。

「肝を冷やす」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「肝を冷やす」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

肝を冷やすの意味

「肝を冷やす」には次の意味があります。

驚き恐れて、ひやりとする。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「肝を冷やす」をわかりやすく言うと、ヒヤヒヤするということを意味する慣用句になります。危険だったり衝撃をうけたり、恐がるような驚きが起きたときに使われる言葉です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・片輪が崖を越えそうになった一瞬には俺が肝を冷やしたが、誘拐犯側のドライバーも腕前は確かだった。
(出典:谷川流『7 涼宮ハルヒの陰謀』)

・九地建が一番肝を冷やしたのは、代執行の混雑の中で石地蔵の首が落ちたことであった。
(出典:松下竜一『砦に拠る』)

・川崎の工場街へ行く途中、繁華街を抜けるときに肝を冷やす場面があった。
(出典:奥田英朗『最悪』)

肝を冷やすような一瞬の後、岩は地面に激突し、大きな土煙が上がった。
(出典:貴志祐介『新世界より』)

・総攻撃をして、そこの街の住民の肝を冷やしてやることも目的の一つだ。
(出典:小川一水,田中芳樹『レインボウ・プラネット 灼熱の竜騎兵シェアードワールズ』)

類語

ひやり
意味:突然の出来事に驚いたり恐怖感を抱いたりするさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

冷や汗をかくひやあせをかく
意味:はらはらする。ひやひやする。気が気でないようすにいう。(出典:デジタル大辞泉)

危機一髪ききいっぱつ
意味:髪の毛1本ほどのごくわずかな差で危機におちいりそうな危ない瀬戸際。(出典:デジタル大辞泉)

肝を潰すきもをつぶす
意味:非常に驚く。(出典:デジタル大辞泉)

息を呑むいきをのむ
意味:おそれや驚きなどで一瞬息を止める。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました