耳が痛いとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

耳が痛い

「耳が痛い話」などのように使う「耳が痛い」という言葉。

「耳が痛い」は、訓読みで「みみがいたい」と読みます。

「耳が痛い」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「耳が痛い」の意味や使い方や類語について、用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

耳が痛いの意味

「耳が痛い」には次の意味があります。

他人の言葉が自分の弱点をついていて、聞くのがつらい。(出典:デジタル大辞泉)

相手の言うことが正論であり、反論することができないので聞くのが苦痛と感じてしまうことをたとえた慣用句です。
「耳が痛い話」は「耳の痛い話」と言い換えることもできます。「耳の痛い」の使用は、名詞の前に修飾語として使う場合に限られます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・友人の忠告を聞くのは、私のことを思ってのことだと分かっていても耳が痛い

・上司からの指摘は耳が痛いことばかりだ。

・親の言うことは耳が痛い

スポンサーリンク

類語

図星(ずぼし)
意味:人の指摘などが、まさにそのとおりであること。(出典:デジタル大辞泉)

正鵠を射る(せいこくをいる)
意味:物事の急所を正確につく。正鵠を得る。(出典:デジタル大辞泉)

堪える(こたえる)
意味:耐える。こらえる。がまんする。(出典:デジタル大辞泉)

痛言(つうげん)
意味:痛いところをついて厳しく言うこと。また、その言葉。(出典:デジタル大辞泉)

見通す(みとおす)
意味:人の心や目に見えない内面の物事を見抜く。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました