罷業とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

罷業

「罷業する」などのように使う「罷業」という言葉。

「罷業」は、音読みで「ひぎょう」と読みます。

「罷業」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「罷業」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

罷業の意味

「罷業」には次の意味があります。

「どうめいひぎょう(同盟罷業)」の略。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「罷」には「罪人を許す」意味があります。転じて「やめる」、借りて「疲れる」意味で使われるようになります。また、「同盟罷業」はストライキの意味でもあります。

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

使い方・例文

・排日宣伝業者に費用を与えた。同時に罷業策源部である総工会に秋波を用いることさえ拒まなかった。
(出典:横光利一『上海』)

・大統領は罷業を禁じ、炭坑を接収するというが、どういうことになるか。
(出典:伊藤整『太平洋戦争日記(二)』)

・昨日は罷業の会社がもう三百になっているんだもの。
(出典:横光利一『旅愁』)

・それと同時に、彼は再び芳秋蘭と一緒に揺れ上って来た彼の会社の罷業の状態を思い出した。
(出典:横光利一『上海』)

・その癖まだこの国では毎朝新聞を読んでゐても、一度も罷業と云ふ字に出会ひません。
(出典:芥川竜之介『河童』)

類語

サボタージュ
意味:労働者の争議戦術の一つ。就業しながら意識的に仕事を停滞させ、能率を落として企業者側に損失を与え紛争の解決をうながすこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

ハンスト
意味:抗議や要求貫徹のための闘争手段として断食する示威行為。(出典:デジタル大辞泉)

休職(きゅうしょく)
意味:会社や官庁などの職員が、その資格を失わないで、一定の期間その職務を休むこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

罷工(ひこう)
意味:工事をわざとやめること。また、業務をやめること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

ボイコット
意味:労働組合の争議戦術の一方法で争議中の企業の製品を購買しないように第三者に呼びかけ排斥すること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました