継承とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

継承

「王位を継承する」などのように使う「継承」という言葉。

「継承」は、音読みで「けいしょう」と読みます。

「継承」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「継承」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

継承の意味

「継承」には次の意味があります。

前代の人の身分・仕事・財産などを受け継ぐこと。承継。(出典:デジタル大辞泉)

「継承」をわかりやすく言うと「先代にひきつづいて、うけつぐこと」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・村を守る力と、この土地の歴史や郷土を継承していく者たちだけが残った。
(出典:流星香『プラパ・ゼータ 2 天空の魔法陣』)

・この伝統が、やがて「新幹線」の技術開発へと継承されることになる。
(出典:橋本克彦『日本鉄道物語』)

・だが、王位継承会議があんな結果になろうとは予想だにしていなかった。
(出典:水野良『魔法王国カストゥール 復讐のファーラム』)

・いつ死ぬか分らぬ身、今の中に継承者を決めておかねばなりませぬ。
(出典:南條範夫『山岡鉄舟(一)』)

・幕府はただ祖業を継承持続するだけでは保てなくなってきたのである。
(出典:唐木順三『無用者の系譜』)

スポンサーリンク

類語

受け継ぐ(うけつぐ)
意味:前の人の仕事などを引き継ぐ。また、人の性質や志などを引き継ぐ。(出典:大辞林 第三版)

世襲(せしゅう)
意味:身分・財産・職業などを、嫡系の子孫が代々受け継いでいくこと。(出典:デジタル大辞泉)

次世代(じせだい)
意味:次の世代。子供の代。(出典:デジタル大辞泉)

踏襲(とうしゅう)
意味:先人のやり方や説をそのまま受け継ぐこと。(出典:大辞林 第三版)

相承(そうしょう)
意味:弟子が師から、子が親から、学問・技芸・法などを次々に受け継ぐこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました