絵空事とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

絵空事

「君の言うことは、いつも絵空事だな」などのように使う「絵空事」という言葉。

「絵空事」は、音訓併用読みで「えそらごと」と読みます。

「絵空事」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「絵空事」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

絵空事の意味

「絵空事」には次の意味があります。

・大げさで現実にはあり得ないこと。誇張した表現。(出典:デジタル大辞泉)

「絵空事」をわかりやすく言うと、自画像を現実の自分よりも美しく描いてしまう行動のように、実際の様子よりも美化したり大げさに表現するという意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・どんな主張も、櫂くんを失った先生には、甘い絵空事にしか聞こえない。
(出典:野村美月『文学少女シリーズ(全16巻) 14 “文学少女”見習いの、卒業。』)

・三人とも六十歳という設定なので、若い女が語る絵空事とはまた一味違う。
(出典:内館牧子『愛してると言わせて』)

・老人の語る話を絵空事だと排除はできなくなっていた。
(出典:吉村達也『ついてくる』)

・音大付属に入学できれば、将来留学するという夢が、絵空事ではなくなる。
(出典:畠中恵『とっても不幸な幸運』)

絵空事だと分かっていても、私はルフィオと逃げる夢を見た。
(出典:山本文緒『眠れるラプンツェル』)

類語

虚構 (きょこう)
意味:事実ではないことを事実らしくつくり上げること。つくりごと。(出典:デジタル大辞泉)

空約束 (からやくそく)
意味:約束しておいて、それを守らないこと。いいかげんな約束。(出典:精選版 日本国語大辞典)

リップサービス
意味:耳あたりのよいことば。また、口先だけで聞こえのよいことを言うこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

空事 (そらごと)
意味:事実でない事柄、またはことば。本心でないことば。(出典:精選版 日本国語大辞典)

誇大 (こだい)
意味:実際以上に大げさに言ったり考えたりすること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました