精読とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

精読

「精読する」などのように使う「精読」という言葉。

「精読」は、音読みで「せいどく」と読みます。

「精読」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「精読」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

精読の意味

「精読」には次の意味があります。

くわしく読むことこまかな点まで注意深く読むこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

精読の「精」には心を込めるという意味があるのて、心を込めてしっかりと文章を読むというときに用いられます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・広く読書することも必要であるが、指導書を精読することは一層大切である。(出典:倉田百三『学生と読書』)

・一冊の本を精読せよと云われても、特に自分に必要な一冊が果して何であるかは、多く読んでみなくては分らないではないか。(出典:三木清『如何に読書すべきか』)

・よく理解するためには精読しなければならないのであって、精読は古来つねに読書の規則とされている。(出典:三木清『如何に読書すべきか』)

・少なくとも五十回以上、精読してもらえば、このことがよくわかる。(出典:宮崎康平『まぼろしの邪馬台国』)

・彼は速読をやめて、一ページずつ精読しはじめた。(出典:フレドリック・ブラウン『発狂した宇宙』)

類語

熟読じゅくどく
意味:文章の意味をよく考えながらじっくり読むこと。(出典:デジタル大辞泉)

細読さいどく
意味: 詳しく読むこと。綿密に読むこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

信読しんどく
意味: 経典を読むとき、その本文を略さないで、ていねいに読誦(どくじゅ)すること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

味読みどく
意味:内容や文章をよく味わいながら読むこと。(出典:デジタル大辞泉)

訳読やくどく
意味:外国語の文章や古典を翻訳・解釈しながら読むこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました