精査とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

精査

「精査した上で回答いたします」などのように使う「精査」という言葉。

「精査」は、音読みで「せいさ」と読みます。

「精査」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「精査」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

精査の意味

「精査」には次の意味があります。

・細かい点までくわしく調べること。 (出典:大辞林 第三版)

「精」は「細かく詳しい」こと、「査」は「調べる、考える」ことを意味するため、「検査」や「監査」よりも、より細かく詳しく調べることを意味します。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・これらの血痕の血液型については東大法医学教室で精査することになった。
(出典:松本清張『日本の黒い霧(上)』)

・多彩な生物を自ら調べたダーウィンであるが、他の報告者による文献も精査していた。
(出典:茂木健一郎『思考の補助線』)

・カメラおよび各種の探知機でドッキング・ペイ内部を精査しているに違いなかった。
(出典:ホーガン『ガニメデの優しい巨人』)

精査の上にも精査して、間違いないとなったら裁決する、というのでは政治家である必要はないのではないか。
(出典:大塚公子『死刑執行人の苦悩』)

・そこで記録を精査し、当審における事実取り調べの結果をも併せて検討し、次のとおり判断する。
(出典:大塚公子『57人の死刑囚』)

スポンサーリンク

類語

・検査(けんさ)
意味:ある基準をもとに、異状の有無、適不適などを調べること。(出典:デジタル大辞泉)

・吟味(ぎんみ)
意味:物事を念入りに調べること。また、念入りに調べて選ぶこと。(出典:デジタル大辞泉)

・監査(かんさ)
意味:監督し検査すること。また、その人。(出典:大辞林 第三版)

・チェック(ちぇっく)
意味:点検すること。検査すること。照合すること。また、それが済んだという印(「レ」など)。 (出典:大辞林 第三版)

・糾す(ただす)
意味:罪や真偽・事実などを問い調べる。(出典:大辞林 第三版)

タイトルとURLをコピーしました