精査とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

精査

「内容を精査する」などのように使う「精査」という言葉。

「精査」は、音読みで「せいさ」と読みます。

「精査」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「精査」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

精査の意味

「精査」には次の意味があります。

くわしく調べること。(出典:デジタル大辞泉)

「精査」をわかりやすくいうと、細かく詳細にしらべることです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・こで僕は専門的な見地からデータを精査して、独特の意見を発表する。 
(出典:ドイル/延原謙訳『四つの署名』)

・魔力の精査が出来ればいいのだが、私はそこまで器用なことは出来ない。
(出典:言乃葉『出席番号32番 衛宮』)

・しかし、もう一度テーブルの上を精査する時間は与えられなかった。
(出典:米澤穂信『夏期限定トロピカルパフェ事件』)

・反りの浅い姿に満足すると、灯明をひき寄せて、地鉄を精査している。
(出典:山本兼一『狂い咲き正宗 刀剣商ちょうじ屋光三郎』)

・これらの血痕の血液型については東大法医学教室で精査することになった。
(出典:松本清張『日本の黒い霧(上)』)

類語

吟味ぎんみ
意味:物事を念入りに調べること。また、念入りに調べて選ぶこと。(出典:デジタル大辞泉)

検閲けんえつ
意味:調べあらためること。(出典:デジタル大辞泉)

調査ちょうさ
意味:物事の実態・動向などを明確にするために調べること。(出典:デジタル大辞泉)

精察せいさつ
意味:くわしく観察・考察すること。(出典:デジタル大辞泉)

チェックちぇっく
意味:点検、調査、確認などをすること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました