笑止千万とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

笑止千万

「笑止千万な振る舞い」などのように使う「笑止千万」という言葉。

「笑止千万」は、音読みで「しょうしせんばん」と読みます。

「笑止千万」とはどのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「笑止千万」の意味や使い方について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

笑止千万の意味

「笑止千万」には次の意味があります。

非常にこっけいなさま(出典:出典:学研 四字熟語辞典)

「笑止千万」をわかりやすく言うと「ばかばかしくて話にならないこと」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・この将卒が唐入などゝは笑止千万、朝鮮の征伐だにも思ひも寄り申さぬ。

(出典:坂口安吾『二流の人』)

・二人は馬上の人身御供を苦々にがにがしげに、また笑止千万な面かおをしてながめています。

(出典:中里介山『大菩薩峠』)

・ひとめ見ればわかりますが、笑止千万な噂うわさですよ。

(出典:モーム/篠原慎訳『諜報員アシェンデン』)

・いまのおれが、そんなことをあれこれ考えるなど、笑止千万もいいところだ。

(出典:三浦真奈美『風のケアル 第1巻 暁を告げる鐘』)

笑止千万なことだが、泡んぶくを頼んでも、いまだに敵を打てはしない。

(出典:中里介山『大菩薩峠』)

類語

こけにする

意味:踏みつけにする。ばかにする。(出典:デジタル大辞泉(小学館))

もてあそぶ

意味:人を慰みものにする。(出典:デジタル大辞泉(小学館))

嘲弄(ちょうろう)

意味:あざけり、からかうこと。(出典:デジタル大辞泉(小学館))

尻に敷く(しりにしく)

意味:妻が自分の意に夫を従わせて、思うままに振る舞う。(出典:デジタル大辞泉(小学館))

あざける

意味:ばかにして悪く言ったり笑ったりする。(出典:デジタル大辞泉(小学館))

タイトルとURLをコピーしました