立ち振る舞いとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

立ち振る舞い

「立ち振る舞いが美しい」などのように使う「立ち振る舞い」という言葉。

「立ち振る舞い」は、訓読みで「たちふるまい」と読みます。

「立ち振る舞い」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「立ち振る舞い」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

立ち振る舞いの意味

「立ち振る舞い」には次の意味があります。

 起居の動作。挙動。 たちいふるまい。(出典:大辞林 第三版)

「立ち居振る舞い」と同じ意味で、「立ったり座ったりするときのしぐさ、体の動かし方」という意味です。
似た綴りの「立ち振る舞う」は、「立ち振る舞い」とは別の意味の言葉です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・その自然な立ち振る舞いに、俺は少しばかり毒気が抜かれる思いだった。
(出典:奈須きのこ『歌月十夜 54 ふかしのゆめ』)

・ 澄んだ顔立ち、立ち振る舞いに、亡き明智光秀の姿を見たからであった。
(出典:茶屋二郎『遠く永い夢(上)-本能寺 信長謀殺の真実-』)

・目に映る奇妙な現象と三人の少女たちの立ち振る舞いは、大抵の現実とはほど遠い地点にある。
(出典:谷川流『電撃!!イージス5 第01巻』)

・ 彼はまだ幼かったが、立ち振る舞いはずいぶん大人びて見えた。
(出典:高殿円『銃姫 02 The Lead in My Heart』)

・老若男女の別を問わぬ巧みな変装に、およそ演技とは信じがたいほどの堂に入った立ち振る舞い
(出典:虚淵玄『Fate/Zero Vol.2 「王たちの狂宴」』)

スポンサーリンク

類語

立ち居振る舞いたちいふるまい
意味:立ったり座ったりする動作に伴う、体のこなし。体の動かし方。起居動作。(出典:大辞林 第三版 )

 起居ききょ
意味:立ったり、座ったりすること。転じて、日常の生活。(出典:大辞林 第三版)

挙動きょどう
意味:人の立ち居振る舞い。動作。(出典:大辞林 第三版)

動作どうさ
意味:何か事を行なおうとして、からだを動かすこと。また、その動き。たちいふるまい。挙動。所作。(出典:精選版 日本国語大辞典)

物腰ものごし
意味:身のこなし。ふるまい。態度。 (出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました