窃取とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

窃取

「機密データを窃取する」などのように使う「窃取」という言葉。

「窃取」は、音読みで「せっしゅ」と読みます。

「窃取」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「窃取」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

窃取の意味

「窃取」には次の意味があります。

そっと盗み取ること。(出典:デジタル大辞泉)

他人に知られないようにこっそり盗むことを意味します。
法律関連の文書などで使われることが多いです。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・しいて言うならば郵便物の窃取であるが、それも証明されていない。
(出典:森村誠一『殺人の赴任』)

・電気窃取罪の鑑定人として物理学者が法廷に立った事もある。
(出典:寺田寅彦『物質とエネルギー』)

・先づ此被告の窃取した財貨は合計三円程のものである。
(出典:平出修『公判』)

・情報窃取を生業とするプロの仕事だ。
(出典:佐島勤『魔法科高校の劣等生 6 横浜騒乱編 <上>』)

・決して商品窃取の目的を以って行動したことで無いことを諒解させることにつとめる。
(出典:小舟勝二『扉は語らず』)

スポンサーリンク

類語

窃盗(せっとう)
意味:他人の財物をひそかに盗み取ること。また、盗みをする人。(出典:デジタル大辞泉)

掠める(かすめる)
意味:すきをうかがって、すばやく盗む。(出典:デジタル大辞泉)

かっぱらう
意味:人目を盗んでそこにある物をかすめ取る。かっさらう。(出典:デジタル大辞泉)

盗用(とうよう)
意味:盗んで用いること。無断で使用すること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

掏る(する)
意味:人が身につけている金品を気づかれないように盗み取る。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました