社風とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

社風

「自由な社風」などのように使う「社風」という言葉。

「社風」は、音読みで「しゃふう」と読みます。

「社風」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「社風」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

社風の意味

「社風」には次の意味があります。

・その会社特有の気風。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「社風」とは、企業が持つ独自の雰囲気や文化、価値観のことを言います。就職活動において、各企業の社風をチェックしておくことは、相性の良い会社を見つけるポイントになります。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・入交はそうした社風の中で育ち、米国にもこの緊張感を持ち込んで仕事を続けてきた。
(出典:佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(下)』)

・しかし幾ら楽観的な社風でも倒産だ失業だと云う悲観的な未来を無視することはできぬ。
(出典:京極夏彦『鉄鼠の檻』)

・一つは、かなり自由な、あるいはクリーンな社風の反映である。
(出典:城山三郎『勝 つ 経 営』)

・さまざまな企業の初任給、休日、保険、社風といった情報が記載されている。
(出典:稲泉連『僕らが働く理由、働かない理由、働けない理由』)

・そういう嫌な社風に眼をふさいで、それも、噂は噂、として、今日まで放任されたのですね。
(出典:源氏鶏太『天上大風』)

類語

・校風(こうふう)
意味:その学校に特有な気風。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・雰囲気(ふんいき)
意味:その場所や、そこにいる人たちが自然に作り出している、ある感じ。また、ある個人がまわりの人たちに惑じさせる特別な気分。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・特色(とくしょく)
意味:他と特に異なっているところ。また、他よりもすぐれている点。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・特徴(とくちょう)
意味:他と異なって、特に目立つしるし。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・気風(きふう)
意味:ある集団の人たちが共通して持っていると感じられる気質。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました