確率とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

確率

「確率を計算する」などのように使う「確率」という言葉。

「確率」は、音読みで「かくりつ」と読みます。

「確率」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「確率」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

確率の意味

「確率」には次の意味があります。

ある事象の起こる可能性の度合い。(出典:デジタル大辞泉)

「確率を計算する」をわかりやすく言うと「ある事象が起こる可能性を数値として求める」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

確率としてはそのようなケースのほうが、ずっと少ないような気がする。
(出典:群ようこ『猫と海鞘(ほや)』)

・子がたしかに自分の子である確率は一〇〇パーセントではなかったのだ!
(出典:竹内久美子『浮気人類進化論 きびしい社会といいかげんな社会』)

・原子核の外側のどこかにあるという確率で示される波しか考えられない。
(出典:片山泰久『量子力学の世界』)

・どこかに狂いがなければ、確率というものが信じられなくなってしまう。
(出典:アン・マキャフリイ『パーンの竜騎士シリーズ(全16巻) 7 竜の夜明け〔上〕』)

・雲のようなぼんやりとしたもので、空間に確率的に広がって存在している。
(出典:山本弘『妖魔夜行 戦慄のミレニアム(下)』)

類語

プロバビリティー
意味:ある事が起こり得る確実性の度合。多分そうだろうという可能性の程度。(出典:精選版 日本国語大辞典)

蓋然性がいぜんせい
意味:ある事柄が起こる確実性や、ある事柄が真実として認められる確実性の度合い。(出典:デジタル大辞泉)

可能性かのうせい
意味:物事が実現できる、または、その状態になりうる見込みをもっていること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

見込みみこみ
意味:将来の可能性。(出典:デジタル大辞泉)

度合どあい
意味:性質や状態の深浅・濃淡・強弱・高低・優劣などをはかってみて、そこに表出される結果。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました