破顔とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

破顔

「緊張の表情から一転し破顔した」などのように使う「破顔」という言葉。

「破顔」は、音読みで「はがん」と読みます。

「破顔」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「破顔」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

破顔の意味

「破顔」には次の意味があります。

顔をやわらげて笑うこと。顔をほころばせること。ほほえむこと。花が開くことにもいう。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「破顔」をわかりやすくいうと「やさしい笑顔になること」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・決意に満ちた顔はすぐに僕に向けられて破顔した。
(出典:暁works『るいは智を呼ぶ3 鳴滝こより』)

・出迎えに来てくれた者を早々に見つけ、破顔して挨拶する姿があちらこちらにあった。
(出典:東野圭吾『幻夜』)

破顔しながらも、いっぽう不思議そうに眼をそばだてていたことはいうまでもない。
(出典:横溝正史『金田一耕助全集 [金田一耕助ファイル12] 横溝正史 「悪魔の手毬唄」』)

・倭建は武日の顔を見た途端、破顔しかけたが、射るような眼に変わった。
(出典:黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 6 終焉の巻』)

・そして、泣き笑うように破顔すると、両手を広げて無事であったことを喜んでくれた。
(出典:支倉凍砂『狼と香辛料II (電撃文庫)』)

スポンサーリンク

類語

笑顔えみがお
意味:笑いを浮かべた顔。笑い顔。えがお。(出典:精選版 日本国語大辞典)

喜色きしょく
意味:うれしそうな顔つき。よろこぶ様(出典:精選版 日本国語大辞典)

にこにこ顔にこにこがお
意味:にこにこ笑ったうれしそうな顔つき。楽しそうな笑顔。えびすがお。にこにこもの。(出典:精選版 日本国語大辞典)

ほくほく顔ほくほくがお
意味:うれしさを隠しきれないような顔つき。(出典:デジタル大辞泉)

艶笑えんしょう
意味:あでやかに笑うこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました