破戒とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

破戒

「破戒行為を働く」などのように使う「破戒」という言葉。

「破戒」は、音読みで「はかい」と読みます。

「破戒」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「破戒」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

破戒の意味

「破戒」には次の意味があります。

戒律を破ること。受戒者が戒法にそむく行為をすること。(出典:デジタル大辞泉)

仏教をはじめとする宗教的な規律やおきてを破ることを指します。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・しかし、破戒が罪であるという決定的な教えは疑うことができなかった。
(出典:武田泰淳『快楽』)

・しかしこれを単純に破戒と見て非難攻撃することは時代のいかなるものであるかを知らないものである。
(出典:三木清『親鸞』)

・しかしそれは叢林の中では単なる破戒に過ぎなかった。
(出典:京極夏彦『鉄鼠の檻』)

・むろん現在密教僧が肉食したところで破戒坊主ということはない。
(出典:松本清張『証明』)

・ここ流離の地においても、やはり彼は罪人であり、破戒者だった。
(出典:小野不由美『屍鬼(上)』)

スポンサーリンク

類語

戒律(かいりつ)
意味:一般に、信者が信仰生活において守るべき規律・規則。(出典:デジタル大辞泉)

持戒(じかい)
意味:仏教の戒律を堅く守ること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

背教(はいきょう)
意味:信じていた宗教を、背き捨て去ること。信仰を捨てること(出典:デジタル大辞泉)

タブー
意味:社会や特定の集団の中で、法的に禁止されているわけではないが、それに言及したり、それを行なったりするのは良くない、そうすると悪い結果になると見なされていることがら。(出典:精選版 日本国語大辞典)

法度(はっと)
意味:禁じられていること。してはならない事柄。また、おきて。法。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました