砂丘とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

砂丘

「砂丘を下る」などのように使う「砂丘」という言葉。

「砂丘」は、音読みで「さきゅう」と読みます。

「砂丘」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「砂丘」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

砂丘の意味

「砂丘」には次の意味があります。

風で運ばれた砂が堆積してできた小高い丘。乾燥地域に多くみられるが,湿潤地域でも乾いた砂があり,風が強く砂を止める障害物があると海岸や広い河原などに形成される。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

「砂丘」をわかりやすく言うと「砂でできた丘」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・私はまた緑の白楊樹は砂丘の間の地にのみ生えているという発見をした。
(出典:ヘディン/岩村忍訳『中央アジア探検記』)

・そこからは三十メートルほど下に砂丘がつづいている砂漠が見えていた。
(出典:ハーバート『デューン・砂の惑星3』よ)

・それだけ言うと彼は砂丘のかげに一応の野営地のようなものを作らせた。
(出典:ヴェルヌ/大久保和郎訳『グラント船長の子供たち(上) 地の果ての燈台』)

・まったく正反対なのに、それは砂丘から砂が流れる音のように聞こえる。
(出典:近藤史恵『散りしかたみに』)

・この星のほかの砂丘とそっくりでなかったら、人工のものと思えるほどだ。
(出典:宇宙英雄ローダン・シリーズ『09 死にゆく太陽の惑星』)

類語

高地(こうち)
意味:標高の高い土地。(出典:デジタル大辞泉)

丘陵(きゅうりょう)
意味:山頂高度がほぼそろった標高約 300mの小起伏地をさす。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

台地(だいち)
意味:平坦面の縁を急斜面で限られた比較的標高の低い台状の地形。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

高台(たかだい)
意味:茶碗や鉢の底につけられた低い円環状の台部。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

岳(がく)
意味:ごつごつと高く険しい山。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました