盲目的とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

盲目的

「盲目的に信じ切っている」などのように使う「盲目的」という言葉。

「盲目的」は、音読みで「もうもくてき」と読みます。

「盲目的」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「盲目的」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

盲目的の意味

「盲目的」には次の意味があります。

愛情や情熱・衝動などによって、理性的な判断ができないさま。(出典:デジタル大辞泉)

「盲目的」という言葉をわかりやすく言うと、「合理的な判断をせず無条件に行動してしまうこと」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

盲目的ともいうべき母性愛の発露と考えた方が真をうがっているに近い。
(出典:海音寺潮五郎『列藩騒動録(一)』)

・霊界通信についても、他の会員たちのような盲目的な信仰は持っていない。
(出典:江戸川乱歩『江戸川乱歩全短編3 怪奇幻想』)

・一人は先見の明があるので慎重であり、もう一人は盲目的に信頼していた。
(出典:ヴェルヌ/江口清訳『気球旅行の五週間』)

・誤っているのは活動そのものではなくして理想のない盲目的な活動である。
(出典:三木清『語られざる哲学』)

・彼の自分への愛情に盲目的なものがあるなどといい気になるなど到底できない。
(出典:オースティン/ハーディング祥子訳『エマ(下)』)

類語

無謀(むぼう)
意味:結果に対する深い考えのないこと。また、そのさま。無茶。(出典:デジタル大辞泉)

無鉄砲(むてっぽう)
意味:是非や結果を考えずにむやみに行動すること。また、そのさまや、そのような人。むこうみず。(出典:デジタル大辞泉)

闇雲(やみくも)
意味:先の見通しもなくむやみに事をすること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

向こう見ず(むこうみず)
意味:将来のことを考えずに行動すること。また、そのさまや、その人。(出典:デジタル大辞泉)

無闇(むやみ)
意味:結果や是非を考えないで、いちずに物事をすること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました