皮蛋とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

皮蛋

「皮蛋」などのように使う「皮蛋」という言葉。

「皮蛋」は、「ぴーたん」と読みます。

「皮蛋」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「皮蛋」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

皮蛋の意味

「皮蛋」には次の意味があります。

アヒルの卵に木灰・石灰・塩・泥などを茶の汁でこねたものを塗りつけ、発酵させた食品。卵白は褐色の寒天状、卵黄は暗黄緑色に固まる。中国料理の前菜に用いる。(出典:デジタル大辞泉)

「皮蛋」は中国語で「保存された卵」を意味します。
日本では「ピータン」とカタカナで表記されることが多いです。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・山盛りの野菜に皮蛋と肉、それにスープ。
(出典:馳星周『夜光虫』)

・そういえば、わたしは皮蛋は、あの色合いが苦手で食べられなかったんだと気づいたのは、深い敗北感とともに本を閉じたあとだった。
(出典:野村美月『文学少女9 “文学少女”見習いの、初戀。』)

・楊氏は客を送り出すと、皮蛋の瓶の前に立って、歎息する。
(出典:南條竹則『酒仙』)

皮蛋のような、でも、皮蛋とはちょっと違う。
(出典:井田真木子『プロレス少女伝説』)

・店の前には「喧嘩上等」と書かれた白い軽トラが止まっており、その隣となりでは見るからに族上がりと思おぼしき従業員が、ひと抱えもあるような皮蛋のかめをホースの水で洗っている。
(出典:秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏 その3』)

スポンサーリンク

類語

たまご
意味:生物学上は卵(らん)すなわち卵細胞をいうが,ふつうはそのうち体外に産み出されたものをいう。(出典:百科事典マイペディア)

ゆで卵ゆでたまご
意味:卵を殻付きのままゆでたもの。(出典:日本大百科全書)

温泉卵おんせんたまご
意味:ゆで卵の一種。黄身が半熟状態で、白身が固まり始めた状態のもの。(出典:デジタル大辞泉)

半熟卵はんじゅくたまご
意味:ゆで卵の一種で、卵白も卵黄もまだやわらかいもの。(出典:世界の料理がわかる辞典)

冷凍卵れいとうたまご
意味:生卵を凍らせたもの。(出典:知恵蔵mini)

タイトルとURLをコピーしました