疾患とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

疾患

「心臓疾患」などのように使う「疾患」という言葉。

「疾患」は、音読みで「しっかん」と読みます。

「疾患」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「疾患」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

疾患の意味

「疾患」には次の意味があります。

病気。やまい。(出典:デジタル大辞泉)

「心臓疾患」のように、病気になっている部分を表す単語が頭に付き、その病気のことを表す使い方がよくされます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・医療関係者に私が重い心臓疾患であることを訴えなければならなかった。
(出典:初野晴『水の時計』)

・似たような年齢で心臓疾患のある人にショックを与えないかと心配になる。
(出典:山口瞳『還暦老人ボケ日記』)

・時とすると、ある体の疾患は、精神の能力を不意に発揮させるものです。
(出典:フランス/岡野馨訳『舞姫タイス』)

・それからぼくは専門書を読んで、それがどんな種類の疾患か理解しました。
(出典:北杜夫『楡家の人びと (下)』)

・我々は古代諸文明の病気を知らないが、現代文明の疾患を知っている。
(出典:ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』)

スポンサーリンク

類語

病気(びょうき)
意味: 生体がその形態や生理・精神機能に障害を起こし、苦痛や不快感を伴い、健康な日常生活を営めない状態。(出典:デジタル大辞泉)

病(やまい)
意味: 病気。わずらい。(出典:デジタル大辞泉)

疾病(しっぺい)
意味:やまい。病気。疾患。(出典:デジタル大辞泉)

病煩(やみわずらい)
意味:病気。やまい。(出典:デジタル大辞泉)

病魔(びょうま)
意味:病気を魔物にたとえていう語。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました