生態系とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

生態系

「生態系を守る」などのように使う「生態系」という言葉。

「生態系」は、音読みで「せいたいけい」と読みます。

「生態系」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「生態系」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

生態系の意味

「生態系」には次の意味があります。

ある地域に生息するすべての生物群集と、それを取り巻く環境とを包括した全体。エコシステム。(出典:デジタル大辞泉)

わかりやすく言うと「ある場所の生き物たちが生活している環境全体」という意味です。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・森の生態系の頂点に立ち、その森の王として君臨しています。
(出典:高千穂遙『クラッシャージョウ・シリーズ(全13巻) 9 ワームウッドの幻獣』)

・こんな状況じゃなかったら、この小さな生態系を喜んで観察できたろう。
(出典:アン・マキャフリー『恐竜惑星シリーズ(全2巻) 2 アイリータの生存者』)

・地球の生態系をうまく移植した都市ドームなら、そんなことが起きます。
(出典:野尻抱介『クレギオン 7 ベクフットの虜』)

・人類が生態系を無視して増え続けていったことにも原因があるのです。
(出典:今野敏『宇宙海兵隊ギガース5』)

・地図で確認した生態系保全公園だとわかるまで、わずかにかかった。
(出典:皆川ゆか『機動戦士ガンダム外伝 戦慄のブルー』)

スポンサーリンク

類語

食物連鎖しょくもつれんさ
意味:自然界における生物が、食う食われるの関係で鎖状につながっていること。(出典:デジタル大辞泉)

環境かんきょう
意味:まわりを取り巻く周囲の状態や世界。人間あるいは生物を取り囲み、相互に関係し合って直接・間接に影響を与える外界。(出典:デジタル大辞泉)

地域ちいき
意味:独立国として承認していない領域。(出典:デジタル大辞泉)

循環系じゅんかんけい
意味:血液やリンパを全身に循環させる器官の集まり。(出典:デジタル大辞泉)

エコシステム
意味: ある地域に生息するすべての生物群集と、それを取り巻く環境とを包括した全体。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました