独身貴族とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

独身貴族

「独身貴族を謳歌している」などのように使う「独身貴族」という言葉。

「独身貴族」は、音読みで「どくしんきぞく」と読みます。

「独身貴族」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「独身貴族」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

独身貴族の意味

「独身貴族」には次の意味があります。

経済的・時間的にゆとりがある独身者をうらやんでいう言葉。(出典:デジタル大辞泉)

「独身貴族」単に独身の人を指すのではなく、独身でなおかつ、ゆとりのある生活を送っている(ように見える)人のことを指します。
本来は他人から羨まれて言われる言葉ですが、自称する場合もあります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・気がつくと独身貴族と呼ばれる立場に置かれ、自分もそれを認めていた。
(出典:梅田みか『別れの十二か月』)

独身貴族などといういい方があるが、そんな豊かな雰囲気はここにはない。 
(出典:西村京太郎『みちのく殺意の旅』)

・お金の自由度からいえば、独身貴族といわれるOLのほうが持っている場合もあるのです。
(出典:沖藤典子『女が会社へ行きたくない朝』)

独身貴族の私としては、自宅にいるかぎり、その存在を証明してくれる家族もいないわけだ。
(出典:吉村達也『血液型殺人事件』)

・よって私は、女の独身貴族は好きだが、男の独身貴族は当惑するところがある。
(出典:田辺聖子『ヨーロッパ横丁たべあるき』)

類語

シングル
意味: 独身であること。また、独身者。(出典:デジタル大辞泉)

未婚(みこん)
意味:まだ結婚したことがないこと。結婚の経験がないこと。(出典:デジタル大辞泉)

単身(たんしん)
意味:家族のいないこと。特に、結婚していないこと。また、その人。ひとりみ。独身。(出典:デジタル大辞泉)

独身(どくしん)
意味:配偶者のいないこと。ひとりもの。ひとりみ。(出典:デジタル大辞泉)

バチェラー
意味:独身の男性。独身者。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました