独り占めとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

独り占め

「視線を独り占め」などのように使う「独り占め」という言葉。

「独り占め」は、読みで「独り占め」と読みます。

「独り占めとは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「独り占め」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

独り占めの意味

「独り占め」には次の意味があります。

・自分または自分たちだけのものにすること。独占。(出典:デジタル大辞泉)
「視線を独り占め」は「視線を自分、または自分たちだけのものにする」ということです。


小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・モンモランシーは教室中の視線を独り占めにしたので気分がよかった。
(出典:ヤマグチノボル『ゼロの使い魔 第4巻〈誓約の水精霊〉』)

・時間をかければ、彼の心を完全に独り占めできるような気はしていた。
(出典:森瑤子『ドラマティック・ノート』)

・ほんの数十年前までは、知識を独り占めしていたのは大学でした。
(出典:岩月謙司『女は男のどこを見ているか』)

・まるで世の中の幸福を独り占めにしたような顔だった。
(出典:森村誠一『虚無の道標』)

・部屋を独り占めして使うのは、生まれて初めてだった。
(出典:山本一力『あかね空』)

類語

・独占(どくせん)
意味:自分ひとりだけのものにすること。ひとりじめ。(出典:デジタル大辞泉)

・丸取り(まるどり)
意味:残さずにすっかり取ること。(出典:デジタル大辞泉)

・専有(せんゆう)
意味:ひとりだけで所有すること。(出典:デジタル大辞泉)

・占有(せんゆう)
意味:自分の所有にすること。(出典:デジタル大辞泉)

・専用(せんよう)
意味:特定の人だけが使うこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました