無垢とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

無垢

「無垢な瞳」などのように使う「無垢」という言葉。

「無垢」は、音読みで「むく」と読みます。

「無垢」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「無垢」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

無垢の意味

「無垢」には次の二つの意味があります。

1 けがれがなく純真なこと。
2 和服で、表裏同色の無地の共布で仕立てた長着。(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

無垢の意味①「けがれがなく純真なこと。」

「無垢」の一つ目の意味は「けがれがなく純真なこと。」です。

仏教用語であり、煩悩のけがれがなく、清らかなことを意味します。
また、金や銀にまじりけがないことを指すこともあります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

無垢な少女の視線には、私のような人間を射殺すだけの、毒がある。
(出典:京極夏彦『魍魎の匣』)

・薔薇の木のてっぺんには、無垢の乙女の色をした薔薇の花が咲いている。
(出典:ルナール・ジュール『博物誌』)

・ひたすら純粋かつ無垢な視線を竜児に向けて、大河は小首を傾げている。
(出典:竹宮ゆゆこ『とらドラ・スピンオフ3! 俺の弁当を見てくれ』)

・うち明けると、紘子の自分に対する無垢な憧憬が汚されると信じていた。
(出典:坂東眞砂子『夢の封印』)

類語

うぶ
意味:世間ずれがしていないこと。ういういしいこと。(出典:デジタル大辞泉)

純真(じゅんしん)
意味:まじりけのないこと。けがれのないこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

ピュア(pure)
意味:まじりけのないさま。純粋。また、けがれがないさま。純潔。(出典:デジタル大辞泉)

清白(せいはく)
意味:汚れなく清らかなこと。きよくいさぎよいこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

無垢の意味②「和服で、表裏同色の無地の共布で仕立てた長着。」

「無垢」の二つ目の意味は「和服で、表裏同色の無地の共布で仕立てた長着。」です。

白無垢は婚礼衣装に、色無垢は略礼装に用いられます。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・既に覚悟を決めていた玉子は、白無垢を下に着、懐剣を胸に秘めていた。
(出典:三浦綾子『細川ガラシャ夫人』)

・白無垢姿になって、立ちあがったとき、頭のあまりの重さに目眩がした。
(出典:桜庭一樹『私の男』)

・その羽二重の白無垢を、私は前に一度も聞いたこともなければ見たこともなかった。
(出典:豊島与志雄『窓にさす影』)

・順造も娘の白無垢を仕立てるのを楽しみにしているようだった。
(出典:山本一力『損料屋喜八郎始末控え』)

類語

白装束(しろしょうぞく)
意味:上下ともに白い衣服。また、それを着ること。多く神事や凶事のときに用いる。(出典:デジタル大辞泉)

経帷子(きょうかたびら)
意味: 仏教の葬式で、死者に着せる衣。(出典:精選版 日本国語大辞典)

単物(ひとえもの)
意味:裏をつけずに仕立てた和服類の総称。特に、裏をつけない長着。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました