災害とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

災害

「災害が発生した」などのように使う「災害」という言葉。

「災害」は、音読みで「さいがい」と読みます。

「災害」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「災害」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

災害の意味

「災害」には次の意味があります。

一般に,人間社会が予想できなかった原因,経過によって,個人または個々の集団が,元の生活や生産活動への回復不能,あるいは回復困難な損害を受けること。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

思いがけずに襲ってきた事柄であり、なおかつ日常生活に支障をきたすような事柄を表します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

災害地へ行って、罹災者から当日夜の状況について聞きとりをするのだ。
(出典:柳田邦男『空白の天気図』)

・不測の事故や災害や失敗や病気や偶然がそれを挫折させるかもしれない。
(出典:八木誠一『キリストとイエス―聖書をどう読むか』)

・彼または彼女も、災害で家族を失った悲しい経験があるのかもしれない。
(出典:山本弘『神は沈黙せず』)

・接触によっていかなる小災害がもたらされるかが当面の重要問題でした。
(出典:ポー/八木敏雄訳『ポオのSF 第2巻』)

・おそらく今度と同じか、むしろもっと甚だしい災害に襲われそうである。
(出典:寺田寅彦『鑢屑』)

類語

変災へんさい
意味:事変や天災から受ける災難。(出典:デジタル大辞泉)

天災てんさい
意味:自然によってもたらされる災害。(出典:自然によってもたらされる災害。)

災難さいなん
意味:思いがけず身にふりかかってくる不幸な出来事。(出典:デジタル大辞泉)

災禍さいか
意味:天災や事故によって受けるわざわい。(出典:デジタル大辞泉)

厄災やくさい
意味:ふりかかってくる不幸なできごと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました