溶解とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

溶解

「砂糖が水に溶解する」などのように使う「溶解」という言葉。

「溶解」は、音読みで「ようかい」と読みます。

「溶解」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「溶解」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

溶解の意味

「溶解」には次の意味があります。

溶けること。また、溶かすこと。ふつうは、各種物質が液体に溶けて溶液となることをいう。(出典:デジタル大辞泉)

主に物質が液体に溶けることを言いますが、物質自体がそのまま溶けることを言う場合もあります。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

溶融・溶解したような切り口をみせて少し離れた床の上ではねまわりはじめた。
(出典:菊地秀行『妖戦地帯1 淫鬼篇』)

・やはり日本絵具を膠で溶解してゆっくりと描いて行く必要があると思う。
(出典:小出楢重『油絵新技法』)

・宿主の人間が死ぬと、その死後数時間以内に溶解する特徴も発見した。
(出典:竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 8 祭囃し編かけら&TIPS』)

・氷のようだった鼻柱や髪が、光のあたたかさに触れて溶解していく。
(出典:高殿円『銃姫 3 Two and is One』)

・彼かれは眼前がんぜんに氷こほりが閉とぢては毎日暖まいにちあたゝかい日ひの光ひかりに溶解されるのを見みて居ゐた。
(出典:長塚節『土』)

スポンサーリンク

類語

溶融(ようゆう)
意味:物が熱を受けて液体になること。(出典:産廃・リサイクル・環境用語辞典 )

融解(ゆうかい)
意味:物質がとけること。また、とかすこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

融化(ゆうか)
意味:とけて性質が変わること。(出典:デジタル大辞泉)

潮解(ちょうかい)
意味:結晶が空気中の水分を吸収して溶けること。(出典:デジタル大辞泉)

液状(えきじょう)
意味:液体の状態。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました