渡りに船とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

渡りに船

「渡りに船の申し出」などのように使う「渡りに船」という言葉。

「渡りに船」は、訓読みで「わたりにふね」と読みます。

「渡りに船」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「渡りに船」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

渡りに船の意味

「渡りに船」には次の意味があります。

必要な物がそろったり、望ましい状態になったりして好都合なこと。(出典:デジタル大辞泉)

「川を渡ろうとするときに、渡し場に都合よく船がいること」から、始まったことわざです。
「都合の良いこと」の例えとして、よく用いられます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

渡りに船とはこのことではないか。
(出典:井伏鱒二『黒い雨』)

・新しい靴を買おうと思った時にタイミングよくセールになり、これは渡りに船だと思い購入を決めた。

・僕が困っているときに君が来てくれて、まさに渡りに船だったよ。

渡りに船ばかりを期待していると、まともな人生を送れない。

・四番を打てる選手が怪我をして途方に暮れていたが、渡りに船といった具合にメジャーリーガーが入団してきた。

類語

好都合(こうつごう)
意味:条件などにかなっていて、都合がよいこと(出典:デジタル大辞泉)

思い掛けず(おもいがけず)
意味:予期しなかったのに。思いがけなく。(出典:デジタル大辞泉)

グッドタイミング
意味:何かをするのにちょうどぴったりの頃合い。適切な時機。(出典:精選版 日本国語大辞典)

偶然(ぐうぜん)
意味:思いがけないことが起こるさま。たまたま。(出典:デジタル大辞泉)

地獄で仏に会ったよう(じごくでほとけにあったよう)
意味:とても怖い目にあったり、たいへんな苦難におちいったときに、思いがけず助けてくれる人が現れることのたとえ。(出典:ことわざを知る辞典)

タイトルとURLをコピーしました