浪漫とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

浪漫

「浪漫を追う」などのように使う「浪漫」という言葉。

「浪漫」は、音読みで「ろまん」と読みます。

「浪漫」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「浪漫」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

浪漫の意味

「浪漫」には次の意味があります。

感情的、理想的に物事をとらえること。夢や冒険などへの強いあこがれをもつこと。(出典:デジタル大辞泉)

ゲームで例えると、すごいコンボを決めたい時や良い記録を出したい時に、浪漫を追及するといった使い方をします。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・併し浪漫派の思想にとって欠くことの出来ないものは自然の概念である。
(出典:戸坂潤『辞典』)

・そうして両方とも嘘うそと信じて疑わないほど浪漫斯ロマンスに縁の遠い女であった。
(出典:夏目漱石『彼岸過迄』)

・その悲壮感が実は彼女の浪漫性から出ていることには気がつかなかった。
(出典:松本清張『虚線の下絵』)

・新しい浪漫的演出の生命は、実にその象徴的精神に在るのだと云へます。
(出典:岸田国士『演劇一般講話』)

・これは過去の浪漫的演出に新しい精神を附与したことになるのであります。
(出典:岸田国士『演劇一般講話』)

類語

ゆめ
意味:将来実現させたいと思っている事柄。(出典:デジタル大辞泉)

理想りそう
意味:人が心に描き求め続ける、それ以上望むところのない完全なもの。そうあってほしいと思う最高の状態。(出典:デジタル大辞泉)

願望がんぼう
意味:願い望むこと。がんもう。(出典:デジタル大辞泉)

野望やぼう
意味:分不相応な大きな望み。身の程を知らない大それた望み。野心。(出典:精選版 日本国語大辞典)

野心やしん
意味:ひそかに抱く、大きな望み。また、身分不相応のよくない望み。野望。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました