洗脳とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

洗脳

「洗脳から解放される」などのように使う「洗脳」という言葉。

「洗脳」は、音読みで「せんのう」と読みます。

「洗脳」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「洗脳」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

洗脳の意味

「洗脳」には次の意味があります。

個人の思想や価値観を,物理的,社会的圧力を加えるなどの操作によって必ずしも本人の欲しない方向へ急速かつ大幅に改変させること。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

「洗脳」をわかりやすく言うと「その人の思想、価値観を根本的に改変させること」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・何年も何年もそうなのだと宣伝され、洗脳された結果の判断なのである。
(出典:山本弘『神は沈黙せず』)

・どうやら兄さん以外の人には手段を選ばないように洗脳されているようね。
(出典:奈須きのこ『MELTY BLOOD 真・最強の敵』)

・宗教的な洗脳は個人個入に行うより集団に向けて一気に実行した方がかかりやすい。
(出典:鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第07巻』)

・ 日本中の子供を洗脳した影響値は、ドラえもんに匹敵するのではないか。
(出典:柴門ふみ『とっても、愛ブーム』)

・特殊な教育や洗脳を受けているように思われるが、血縁けつえんではあるのだろう。
(出典:谷瑞恵『伯爵と妖精 第06巻 取り換えられたプリンセス』)

類語

感化かんか
意味:考え方や行動に影響を与えて、自然にそれを変えさせること。(出典:デジタル大辞泉)

教化きょうか
意味:人を教え導き、また、道徳的、思想的な影響を与えて望ましい方向に進ませること。(出典:デジタル大辞泉)

感染かんせん
意味:影響を受け、それに染まること。(出典:デジタル大辞泉)

盲信もうしん
意味:わけもわからず、ただひたすらに信じること。(出典:デジタル大辞泉)

暗示あんじ
意味:人の感情や考えが、言葉や絵などの間接的な手段によって無意識のうちに強制によらずにある方向に変化する現象。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました