決別とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

決別

「地元と決別する」などのように使う「決別」という言葉。

「決別」は、音読みで「けつべつ」と読みます。

「決別」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「決別」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

決別の意味

「決別」には次の意味があります。

いとまごいをして別れること。また、きっぱりと別れること。(出典:デジタル大辞泉)

「決別」をわかりやすく言うと「再び会うことはないと決め、分かれること」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・雄介が学校と完全に決別したのは、静岡市内の中学に在籍している時だ。
(出典:江川紹子『私たちも不登校だった』)

・無邪気でいられた子供の時代から、決別しなければならない年齢であった。
(出典:水野良『ロードス島伝説 太陽の王子、月の姫』)

・自分の墓を自分で用意するというのは、自分自身に対する決別の儀式だとしか思えなかった。
(出典:小野不由美『屍鬼(下)』)

・だけどそんな後ろ向きな自分とは決別しようと、そう思い定めたのではなかったのか。
(出典:鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 4』)

・けれど、それは確かに、ユリカの少女時代との決別の言葉だった。
(出典:九条公人『機動戦艦ナデシコ ルリとアキト熱愛編』)

類語

別離べつり
意味:わかれること。別れ。(出典:デジタル大辞泉)

一別いちべつ
意味:ひとたび人と別れること。別れ。(出典:精選版 日本国語大辞典)

離反りはん
意味:従っていたものなどが、そむきはなれること。(出典:デジタル大辞泉)

袂を分かつたもとをわかつ
意味:今までいっしょだった人と関係を絶つ。人と別れる。(出典:精選版 日本国語大辞典)

絶交ぜっこう
意味:交際を絶つこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました