気のせいとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

気のせい

「気のせいかもしれない」などのように使う「気のせい」という言葉。

「気のせい」は、訓読みで「きのせい」と読みます。

「気のせい」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「気のせい」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

気のせいの意味

「気のせい」には次の意味があります。

実際にはそうでないのに、自分の心の状態が原因でそのように感じられること。(デジタル大辞泉)

分かりやすく言えば「思い過ごし」という意味です。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・二階から物音がするが、誰もいないし、気のせいだろう。

・あの子からの好意は気のせいだと思う。

気のせいだとは思うが、なんか引っかかる。

・正月に太った気がするが、気のせいだ。そう思うことにした。

スポンサーリンク

類語

思い当たるおもいあたる
意味:理屈では説明のつかない、鋭く本質をつかむ心の働き。(出典:デジタル大辞泉)

思い過ごしおもいすごし
意味:思い過ごすこと。考えすぎ。(出典:デジタル大辞泉)

かん
意味:物事の意味やよしあしを直感的に感じとり、判断する能力。(出典:デジタル大辞泉)

思い悩むおもいなやむ
意味:あれこれ考えて苦しむ。思い煩う。(出典:デジタル大辞泉)

第六感だいろっかん
意味:理屈では説明のつかない、鋭く本質をつかむ心の働き。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました